大學生の勉學の面でもっともアピールポイントとなりやすいのがゼミ活動です。自分の専門分野をアピールできるポイントですので、しっかり自己PRできるように事前準備を行いましょう。

最容易展示大學生勤奮刻苦方面的地方就是研討會活動。因為這是能夠展示自己專業知識的活動,所以為了能夠更好地進行自我宣傳,一定要做事前準備。

志望先によってはまとめた書類を提出する必要がある場合もあります。面接で聞かれる場合もありますが、どのようにして內容を整理しておくとよいでしょうか。今回は、就活で効果的にゼミの活動をアピールする方法をご紹介します。

根據志愿公司的要求會有需要提交整理資料的情況。雖然在面試時也會被問到,但是應該怎樣提前整理內容才好呢?這次就介紹些在求職活動的研討會中能夠有效展示自己的方法。

■専門的內容をかみ砕くことが大切

掌握專業內容很重要

ゼミ活動について就活で志望先に內容を伝える機會があるなら、できるだけ相手にわかりやすいように活動內容をまとめる必要があります。ゼミで行う研究內容は、専門的な內容であるため、専門外の人が聞いただけではその內容をほとんど理解できません。そのため、できるだけ専門的な內容をかみ砕いて、また専門的な用語はできる限り使わないようにして誰でも理解できるように話すことが大切です。

在求職的研討會活動中,如果有機會能夠向志愿公司傳達專業類內容的話,向對方傳達的內容要盡可能的易于理解,并且對內容進行歸納總結。研討會上的研究內容,因為有專業性東西,專業外的人聽了可能并不能夠理解。為此,需要盡己所能的將專業性的內容融會貫通,并且盡量不使用專業性的詞匯,使用大家都能夠理解的語言,這是交談的要點。

就活生の多くは、すでにその分野に精通してしまっているため、ついつい専門的な用語を使って説明をしてしまうことがあります。知識がまったくないという前提で説明を始めるといいでしょう。

求職人員在很多情況下,因為對這個專業領域的知識已經很精通了,不知不覺間就會使用專業性的詞語去說明問題。這時就應該以完全沒有這方面知識的狀態下去說明吧。

■ 「成果」をしっかりと伝える

準確地說明成果

ゼミ活動で研究してきた內容を正確に理解してもらえたとしても、それにどのような意義があるのかは伝わりにくい場合が多々あります。大學で行われている研究の多くは企業で行われている研究とは異なり、直接的に利益に関わらないことが多いからです。しかし、研究をしている限りは目的が必ずあり、自分が行ったゼミ活動によってその目的に対してどのような結果が得られたのかをしっかり伝える必要があります。

在研討會中就算正確的理解了要研究的內容,也會有難以表達出研究內容所具有的意義的情況。企業所進行的研究與在大學中進行的大部分研究不同,學校里的研究大多數并不直接涉及到利益。但是,研究必然會有一定的目的性,自己所參與的求職活動目的相應的會得出怎樣的結果,必須要清楚明白的傳達給別人。

就活においてゼミ活動の成果が直接的に人物評価につながるとは限りません。わずかな研究期間で胸を張れるような成果があげられるわけではない場合もあります。しかし、面接官がチェックしたいのは、必ずしもゼミの內容自體ではなく、目的を持って行動し、その過程と結果を的確に説明できるかという點です。ビジネスにおいては、社員で目的を共有し、協力して行動して結果を分析するというステップが欠かせません。これらのスキルがあるかどうかをゼミの活動を通じて評価しようとしているのです。そのため、ゼミの活動內容だけではなく、何のためにどのように行動し、どのような結果が得られたのかをしっかり述べるように気をつけましょう。

求職中研討會的活動成果并不一定就直接影響到人物評價。在短短的研討會期間就產生出令人驕傲的成果,這樣的情況是很少的。然而,面試官想要考察的并不一定就是研討會的內容本身,而可能是是否具有目的性的行動,是否能夠準確敘述活動的過程和結果才是考察重點。在工作上,社員之間是否能夠共享目的,協力合作,分析結果,這些過程才是不可欠缺的部分。這些技能的有無就需要通過研討會的活動來進行判斷。為此,不僅僅要重視研討會的活動內容,為了怎樣的目的,采取怎樣的行動,得出怎樣的結果,這些內容也要小心準確的描述。

■成果を自己PRにつなげる

將成果與自我宣傳相結合

ゼミ活動の內容を伝えるからには、それを自己PRにつなげる意識を持ちましょう。必死になって研究活動を行ってきたからにはその內容に対して興味を持っているはずです。それに興味を持ったのはなぜかというところから始まり、ゼミ活動をしている過程でどのようなことを考えてきたかをまずはよく分析してみましょう。そして、成果がどのように自分と関連しているかを考察してみるとPRポイントが自然と見えてきます。

在傳達研討會活動內容時,要有意識的與自我宣傳聯系起來。在拼命地進行研究活動時,應該會對研究的內容抱有興趣。在思考研討會活動時的內容前,首先仔細分析為何會對研討會活動有興趣。然后,試著考察成果與自己有著怎樣的關聯,這樣就能夠自然的發現自我宣傳時的要點了。

就活でゼミ活動について伝えるときには成果の大小にかかわらず自分の特技や特徴としてアピールすることが大切です。大きな成果を上げられたのは自分の獨自の視點から考察を行った結果であるといったアピールができれば理想的でしょう。たとえ成果として胸を張れるものがなかったといしても、これほどの困難があったにもかかわらず工夫を重ねてきたのだということを伝えることに価値があります。すると、その我慢強さと執念深さ、工夫をするための発想力を鍛えてきた経歴をアピールできるでしょう。とにかくどのような成果でもプラスに解釈して自己PRにつなげようという意識を持つことが大切です。

在求職的研討會活動中,無論成果的大小,展示自己的特技或特點才是最重要的。巨大成果的取得是從自己的視角進行考察后得出的結果,這樣的自我展示當然是最理想的。即便成果并沒有讓自己很滿意,在如此困難下自己也沒有退縮,不斷的在其中下功夫,表現出這樣的行動也是有價值的。于是就會將自己鍛煉耐心,恒心,構思力的過程展示出來。總之,無論怎樣的成果都要從正面去解釋以此來自我宣傳,持有這樣的意識是很重要的。

■企業側に與えるメリットも必要

對企業方面的好處是必要的

ゼミ活動は専門的內容が多いため、直接的に企業との関連性を導き出すのが難しい場合もあります。その活動內容が就職してから直接的に戦力になるスキルを身に付けられるものであれば、それを企業側のメリットとして理解してもらえるように內容を説明しましょう。自己PRにも直結するため、最も就活を有利にする道になります。しかし、直接的な関連性が持てない場合にも、いかにして関連付けるかを熟考してみることは欠かせません。

因為研討會活動中專業相關的內容比較多,也會有難以導出與企業有直接關聯性的情況。如果在活動內容時,有就職后能夠直接派上用場的技能,就從使企業明了的好處這方面的內容進行說明。讓技能與自我宣傳有著直接的關聯,使這成為求職活動中最有利的一條路。但是,就算是沒有直接的關聯性,試著設法去詳細考慮與之相關的聯系也是不可或缺的。

専門的な活動を行ってきたにもかかわらず、それとはまるで違う業界で働くのだとしたらなぜだろうと思われてしまう可能性もあります。ゼミ活動での経験を無駄にしないためにも、ゼミでの活動內容をどう活かしていきたいのかをしっかり考えた上で面接に望むのがいいでしょう。

無論是否有進行了專門的活動,也會產生什么好像在完全不同的行業中工作的感覺,這樣的想法也是有可能的。這也是為了不讓研討會的活動經驗白白浪費掉,在用心考慮如何活躍在研討會活動的同時,也要考慮自己是否想要去參加面試。

聲明:本雙語文章的中文翻譯系滬江日語原創內容,轉載請注明出處。中文翻譯僅代表譯者個人觀點,僅供參考。如有不妥之處,歡迎指正。

相關推薦:

日本就職大揭秘 多的是你不知道的事

日本留學:大學畢業后必須先就職?