昨今、行列は珍しくもない日常茶飯事だ。日本人の行列好き、行列オタク。そのワケを心理學的、脳科學的に真面目に暴いてみた。

近來,排隊已經成了不再讓人驚奇的家常便飯。日本人為什么喜歡排隊,癡迷排隊。嚴肅地從心理學與腦科學兩個角度挖掘了其中的原因。

マーケティング會社のトレンダーズが20代以上の女性を対象に行なったアンケート調査によると、行列に並ぶのが好きな人は16%、行列に並ぶのが嫌いな人は84%だった。

在市場分析公司Trenders對20歲以上的女性進行的問卷調查數據中,喜歡排隊的人占16%,不喜歡排隊的人占84%。

電通の調べによれば、行列に並ぶのは、美味しい、デザインや品質がいいなど並ぶ価値ありと判斷したとき/評判を聞いたり流行ったり試したいとき/今しか手に入らないとき/どうしても食べたい、買いたいと感じたとき/行列をしてでも試したいと思ったときだった。

根據電通公司的調查,人們會去排隊一般是在,認為有排隊的價值,比如商品好吃或是設計·品質上乘的時候)/商品風評不錯,想要嘗試一下流行的時候/只有現在才能買到的時候/感覺無論如何也想吃、想買的時候,這些情況下即使排隊也想去嘗試。

行列する理由や動機が明確なら、時間も手間も惜しまず並ぶ。

一旦明確排隊的理由與動機,就會不惜時間、不怕麻煩地排隊。

日本マルチペイメントネットワーク推進協議會(JAMPA)の調べでは、待ちたくない行列のトップ3は、コンビニのレジ待ち/銀行窓口の列/飲食店の行列。

根據日本多元化支付網絡推進協議會(JAMPA)的調查,人們最不想排隊的前三種情況是:便利店結賬/銀行窗口服務/餐飲店等位等餐。

人はなぜ並ぶのか? その心理と行動の真相は?

人們為什么排隊?其心理與行為的真相是?

行列は心理學的に分析すると、他人の行動を真似る同調行動だ。

從心理學角度分析排隊,這就是一種模仿他人行動的從眾行為。

同調行動を研究している米國の心理學者ソロモン?アッシュ博士は、カードに描かれた直線と同じ長さを持つ線を別の3本の直線から探し出す視覚テストを行なった。その結果、誤答するサクラがいるときの誤答率は37%、サクラがいないときの誤答率は0.7%だった。

研究從眾行為的美國心理學家所羅門·阿希博士曾進行過一個視覺測試,讓人們從三根直線中選出與卡片上所繪直線長度相同的一根。結果在助手故意答錯的情況下,參與測試者的錯誤率為37%,助手不進行誤導的情況下參與測試者的錯誤率為0.7%。

アッシュ博士は「人間はサクラに影響を受けないことを立証しようとしたのに、その逆の結果が出た」とサクラ効果を認めている。

“本想通過此實驗證明人們不會受到托兒的影響,卻出現了相反的結果”,阿希博士因此認同了“從眾效應”。

(所羅門·阿希的從眾實驗)

社會心理學の視點から行列を観察する日本の上則直子氏によれば、社會的動物である人間は、情報が不確かなときは他者の行動を參考にしやすいので、行列店に入りやすいと指摘する。

日本學者上則直子從社會心理學的角度觀察排隊現象并指出,人類作為一種社會性動物,在信息不確實的時候更容易參考其他人的行動,因此會選擇進入排著長隊的店。

行列店に入れば、マジョリティに屬した安心感に浸れる。行列店の料理が期待はずれでも、並んだ時間とお金のコストは消えないため、美味しかったと思い込もうとする。自分はこんな人間だという自己確証が弱い人や、自分の選択に自信が持てない人ほど行列に走る傾向が強い。

進入排著隊的店,會沉浸在自己屬于多數人的安心感中。即使該店的食物不符合期待,也會因為消耗掉的排隊時間及金錢成本,強行讓自己認同是好吃的。越是對自我認知不明確的人或是對自己的選擇沒自信的人,從眾排隊的傾向就越強。

この同調行動を活用した行列マーケティングという手法がある。行列マーケティングは、行列を意図的に作り、待たせて、焦らす戦略だ。たとえば、予約させて期待を高める、並ばないと先を越される、手に入らなくなる、並ぶと面白いなどと煽る作戦だ。

有一種營銷手段就利用了這種從眾行為。排隊營銷就是刻意制造出排隊的效果、讓人等待、讓人著急的戰略。例如,利用預約拔高顧客的期待,促使他們認為不排隊就會錯失先機、無法得到想要的商品、排隊很有意思等。

ラーメン店なら、アルバイトのサクラを並ばせる、客席を減らす、店を小さくする、レジの人を増やさない、店內で待たせない、注文後に調理する、調理スピードをコントロールする、営業時間を短縮するなど、行列に並ぶ客の心理を読みながら、巧みに期待感や満足感を最大化させる心理作戦に他ならない。

拉面店就通過讓臨時工當托兒去排隊、減少座位、縮小店面、不增加收費員、不讓客人在店里等待、現點現做、控制烹飪時間、縮短營業時間等等手段,揣摩著顧客排隊的心理,巧妙地進行著使他們的期待感與滿足感最大化的心理戰!

並んでいる人にあんパン、ドーナツ、コーヒーなどを配布するユニクロの新規開店やアップルストアなどは、行列マーケティングの成功例だろう。

給排隊等待的人發紅豆面包、甜甜圈、咖啡等食物的優衣庫新店鋪及蘋果店,都是排隊營銷的成功案例。

客の意識を大きく左右するバンドワゴン効果

強烈影響顧客意識的“樂隊花車效應”

このような客の意識を大きく左右する群集心理がバンドワゴン効果(Bandwagon Effects)だ。バンドワゴン効果とは、あるブランドやサービスを消費する人が多ければ多いほど、流行しているという空気が社會に自然と醸成されるため、そのブランドやサービスから得る満足感、安心感、信頼感が強化される同調効果をさす。

像這樣強烈影響顧客意識的大眾心理被稱為“樂隊花車效應”。樂隊花車效應是指,某一品牌或服務,消費的人越多,就越能在社會中自然形成“這很流行”的氛圍,從眾讓人們從這一品牌或服務中獲得更強的滿足感、安心感及信賴感。

パレードの最後尾についつい並ぶ行動習性から生まれた言葉だ。

“樂隊花車效應”名稱的來源是:不知不覺就會跟上游行隊伍的末尾是人們的行動習慣。

つまり、行列マーケティングは、口コミなどで情報を拡散させつつ、意図的に並ぶ心理を仕掛ける。人は人気店や行列店にやすやすと並んでしまうので、バンドワゴン効果によって並ぶ人が多くなればなるほど、人はますます行列を作ることになる。まさに行列シンドロームの感染力だ。

也就是說,排隊營銷通過口口相傳等傳播方式擴散信息的同時,刻意煽動人們產生想去排隊的心理。人們會輕易地就去受歡迎的、排長隊的店家門前排隊,根據樂隊花車效應,排隊的人越多,加入排隊的人就越多。這正是排隊癥候群的感染力。

行列シンドロームを脳科學的に見れば、安心感をもちたいという欲求に根ざしている。マジョリティに屬していれば安心、赤信號みんなで渡れば怖くないの群集心理だ。

排隊癥候群從腦科學的角度來看,根本原因是人們想要追求安心感。因為屬于多數群體所以安心,大家一起闖紅燈就不害怕,就是這樣一種群體心理。

セロトニンは人間の心身の安定に深く関わっていることから、オキシトシンとともに幸せホルモンとも呼ばれる。

血清素(5-羥色氨)與人類身心的安定有著深切的聯系,因此與催產素并稱為幸福荷爾蒙。

セロトニンが減れば心配性に陥って悲観的になり、増えれば安心感が強まって楽観的になりやすい。セロトニンが少ない人の割合は、日本人60%、アメリカ人20%。日本人は心配性の人が多いらしい。

血清素降低易導致人們陷入擔心的悲觀狀態,而血清素增人們的安心感就會增強而變得樂觀。日本人中血清素較少的占60%,美國人則只有20%。因此日本人大多容易擔心。

つまるところ、ホメオスタシス(恒常性)をキープし、安心感を感じていたいという充足欲求を満たすために、日本人は行列という同調行動をとりやすい。

因此,日本人為了維持內環境穩定,滿足獲得安全感的需要,更容易采取排隊這樣的從眾行為。

那么日本人到底曾為了什么而大排長龍也不放棄呢?

iPhone新品發售的狂歡,徹夜排隊購買已經成慣例!

對“日本首家!”的宣傳語毫無抵抗力,一度為甜甜圈瘋狂排隊!(現在是珍珠奶茶了)

為被稱作國民料理的“拉面”排隊再正常不過!

經營低迷的USJ通過“將整個園區變為鬼屋”的企劃復活,近年來游客不斷增加,特別活動時更是大排長龍!

銀座快消時尚曾經的輝煌,2008年H&M一號店開張,徹夜排隊的近5000人長隊!

就是這么受歡迎!四十幾年來為看大熊貓而不斷排隊的日本人!

本翻譯為滬江日語原創,未經授權禁止轉載。

相關閱讀推薦:

日本人乘飛機的小糾結:偏愛過道位的原因是?

什么!關西人竟與美國人很相似?