スマートフォンのアプリで注文すれば、店頭で並ばずにコーヒーを受け取れる。そんなカフェが今、中國で話題を集めている。

在手機APP點單后,不用到門店排隊就能拿到咖啡。目前這種咖啡店在中國引發熱議。

配車サービスを手がける神州優車の元COO、銭治亜氏が2017年に設立したカフェチェーン「luckin coffee(ラッキンコーヒー)」は、2018年1月に北京と上海に店を構え、そこから店舗網を急拡大。わずか1年で、総店舗數は2000店舗超に達した(2018年12月末時點)。さらに、2019年末までに4500店舗越えを目指すという。

曾任汽車租賃公司神州優車首席運營官的錢治亞在2017年創辦了連鎖咖啡店“luckin coffee(瑞幸咖啡)”,2018年1月在北京和上海開店,之后店鋪網絡快速擴大。僅一年時間,總店鋪數量就超過了2000家(截止2018年12月末)。并且瑞幸咖啡的目標是在2019年年末超過4500家店鋪。

現時點で中國最大のカフェチェーンであるスターバックスが、20年前に中國に初出店してから現在に至るまでに3600店舗を出店している。ラッキンコーヒーの出店スピードは、それをはるかに陵駕しているのだ。

目前中國最大的連鎖咖啡店是星巴克,20年前在中國開設第一家店鋪以來,現已擁有3600家店鋪。因此瑞幸咖啡開店的速度已經遠遠超過了星巴克。

ラッキンコーヒーにとって追い風になっているのが、現地におけるコーヒー消費量の拡大だ。中國のコーヒー消費量は年率15%で成長している。三井物産北京事務所の岸田英明シニアアナリストは「中國の1家庭あたりの可処分所得は、昨年の時點で1萬2000ドル(133萬円)超。都市部は1萬5000ドル(167萬円)に屆くところまできた。

中國的咖啡消費量以每年15%的速度增長著,這種擴大也讓瑞幸咖啡趕上了好時候,得以快速發展。三井物產北京公司的資深分析師岸田英明指出“中國一戶家庭可自由支配的收入在去年超過了1萬2000美元(約133萬日元)。城市地區的家庭收入則接近1萬5000美元(167萬日元)。

この域になると、嗜好品や付加価値の高いサービスの需要が増えてくる」と指摘する。所得の拡大に伴い、中國でも嗜好品であるコーヒーをたしなむ人が増えてきている、というわけだ。

到了這個階段,人們更加需要嗜好品(并非維持生命所必需的飲食品,提供刺激和快感)以及附加價值高的服務”。伴隨著收入的增加,中國人中喜歡上嗜好品咖啡的人也就增多了。

■専用アプリで注文し、スマホ上で決済

■使用專用的APP點單,手機結賬

3月下旬、中國·深圳のショッピングモールに店舗を構えるラッキンコーヒーを訪れてみた。

3月下旬,我們訪問了中國·深圳購物廣場里的一家瑞幸咖啡店。

顧客がラッキンコーヒーでコーヒーを注文するには、事前に専用のアプリをダウンロードする必要がある。そのアプリの畫面に並んだコーヒーやサンドウィッチなどのメニューから、顧客は買いたい商品を選んでスマホ上で決済する。このように、あらかじめアプリを通じて商品を注文しておき、出來上がりの通知が來たらお店に取りに行く。

顧客要在瑞幸咖啡點單之前需要下載專用APP。從APP提供的咖啡、三明治等菜單中選擇自己想要購買的商品,在手機上付款。像這樣先通過APP點單,收到制作完成的通知后來店取走即可。

実際に店頭では、顧客が並ぶこともなく、スマホをQRコード読み取り機にかざして商品をスムーズに受け取っていた。

實際上門店里也沒有顧客排隊,大家都是將手機放在二維碼識別器前掃一下,再有序地領取商品。

ラッキンコーヒーでは店頭での受け取り以外にも、指定した場所に店舗から配送してもらえるサービスもある。購入金額55元(914円)以上であれば、無料で配送してくれる。受け取り場所が近くなると、ラッキンコーヒーの配送員が近くまで來ていることを電話で顧客に知らせる。

瑞幸咖啡除了能在門店領取之外,也可以配送到指定地點。滿55元(914日元)即可免費配送。快到外賣地點時,瑞幸咖啡的外賣員會電話通知顧客。

デジタル技術を活用した利便性の高さに加え、ラッキンコーヒーのもう1つの売りは価格の安さだ。「割引クーポンが豊富で、価格が安いから使っている」(北京市在住の30代男性)。

除了電子技術帶來的方便快捷外,瑞幸咖啡另一個賣點就是價格便宜。“有很多優惠券,使用后會很便宜”(北京市在住的30代男性)

スタバのアメリカンコーヒーが25元(415円)なのに対し、ラッキンコーヒーのアメリカンコーヒーは類似サイズで1杯21元(349円)と割安。さらに、アプリ內のプリペイド機能を使うと、クーポンを使ってより安く買うこともできる。プリペイド機能を使ってコーヒーを2杯買えば、1杯無料でもらうことも可能だ。

星巴克的美式咖啡是25元(415日元),與之相對瑞幸咖啡更為便宜,差不多大小的美式咖啡1杯21元(349日元)。另外,使用APP中的預付功能,可以用優惠券讓價格更便宜。使用預付功能也可能獲得買一送一的福利。

顧客の支持を得て、一気呵成に拡大をもくろむラッキンコーヒー。ただ、勢いはあるものの、現狀はまだ赤字のもよう。ラッキンコーヒーは業績を公表していないが、「2018年の1月から9月の累計収入は3.75億元(62億円)、純損失は8.57億元(141億円)だったようだ」と、東洋証券の奧山要一郎氏は語る。

瑞幸咖啡獲得了顧客的支持,快速壯大了業務。不過瑞幸咖啡雖勢如破竹,但現在仍然是赤字狀態。雖然并沒有公開業績,但東洋證券的奧山要一郎表示“(瑞幸咖啡)2018年1月至9月的累計收入是3.75億元(62億日元),純損失是8.57億元(141億日元)。”

奧山氏は「中國の新興企業には『目立ってナンボ』という風潮がある。ラッキンコーヒーも赤字覚悟でクーポンをばらまいている」と指摘する。クーポンのばらまきを減らしても顧客から支持を得ることができるのか、今後問われることになる。

奧山指出“中國新興企業流行'不惜一切來吸引注意'。而瑞幸咖啡也是以虧本為覺悟來派發優惠券的。”瑞幸咖啡今后的課題是“減少優惠券后能否繼續得到顧客的支持”。

一方で、スタバは上海に、コーヒーの製造過程を見ることができる體験型店舗「スターバックス リザーブ ロースタリー」を2017年12月に開業した。さらに昨年8月には、現地eコマースの最大手であるアリババグループと戦略提攜を発表。9月中旬から、アリババと組んで配送サービスを始めている。

另一方面,星巴克于2017年12月在上海開設了能看見咖啡制作過程的體驗店“星巴克臻選上海烘焙工坊”。且去年8月,宣布與中國最大的電商阿里巴巴集團進行戰略合作。9月中旬起與阿里巴巴聯合的配送服務正式啟動。

ライバルはほかにもいる。マクドナルドは中國全土で2900店以上を展開中(2018年11月時點)。同社が扱うアメリカンコーヒーは類似サイズで21元(349円)と、ラッキンコーヒーと同額だ。マクドナルドも、運営する「マックカフェ」の出前アプリを使って、一部店舗でカフェの配達を始めた。

此外,瑞幸還有別的競爭對手。麥當勞在中國共開設了2900家以上的門店(截止至2018年11月)。麥當勞的“美式咖啡”與瑞幸的大小差不多,且同樣是21元(349日元)。麥當勞也推出了McCafé的外賣APP,在一部分店鋪開始咖啡的外賣服務。

ラッキンコーヒーが展開を強化する競合から抜きん出るためには、価格とは別の差別化が必要になってくるだろう。

瑞幸咖啡要在愈演愈烈的市場競爭中脫穎而出,比起價格,尋求其他方面的差異性越發重要。

本翻譯為滬江日語原創,未經授權禁止轉載。

相關閱讀推薦:

全世界僅5家:星巴克烘焙工坊日本東京店開業

惡魔的果實:咖啡是如何誕生的?