大學によっては卒業までの6年間で4,000萬円もの學費が必要になる醫學部。もし通う場合、生活費等も含めると大変な金額になります。ですので、醫學部に通う學生の中には奨學金を利用している人も多くいます。では、一般的な學部よりも學費が高額になる醫學部の場合、醫學部生向けの特別な奨學金などはあるのでしょうか?
一些大學的醫學部到畢業的六年內需要花費四千萬日元的學費,如果你選擇進入醫學部的話,學費加上生活費等等還會花費相當一大筆錢。因此,在醫學部讀書的學生當中,有許多人會利用獎學金。那么,比一般的學院收取的學費更高的醫學部中,有沒有面向醫學部學生的特別獎學金之類的呢?

■JASSOの第二種奨學金は醫學部なら増額可能!
■JASSO的第二類獎學金在醫學部有增額的可能

最も多くの學生が利用している「JASSO(獨立行政法人日本學生支援機構)」の奨學金は、?第一種奨學金(利息のないタイプ)?第二種奨學金(利息が付くタイプ)の2種類があります。
大多數學生能得到的JASSO(獨立行政法人日本學生支援機構)獎學金有第一類獎學金(無利息)、第二類獎學金(有利息)兩類。

利息のない第一種は、國公立か私立か、また自宅から通うか自宅外から通うかによって金額の上限は変わりますが、その貸與金額に學部は関係ありません。ただし利息が付くタイプの第二種の場合、私立大學の醫學部生は月額の上限12萬円に4萬円の増額が可能となっています。つまり月最大で16萬円の奨學金となります。6年間だと総額1,152萬円になるので、例えば6年間で約2,000萬円必要な慶應義塾大學の醫學部に通う場合、それとは別に約900萬円ほどが必要になります。
無利息的第一類獎學金的金額上限將根據是國公立大學還是私立大學,是走讀、還是在家外的走讀來決定。但對于私立大學的醫學生來說,有利息的第二類獎學金每個月額度的上限,有可能在12萬日元的基礎上增加4萬日元。即每個月最大額度16萬日元。這樣下來六年的獎學金就有1152萬日元,像六年學費要2000萬日元的慶應私塾醫學部,你就只需要再承擔900萬日元的學費。

また、私立大學の醫學部の他に歯學部も4萬円の増額が可能。同じく私立大學の薬?獣醫學部は2萬円の増額が可能となっています。
除私立大學的醫學部以外,歯學部也有增額4萬日元的可能。同樣,私立大學的薬、獣醫學部也可能增額2萬日元。

■各地域で実施している特別貸與奨學金を利用する
■通過各地區實行的特別貸與獎學金制度

醫學部に通う學生向けの奨學金の一つに「特別貸與奨學金」というものがあります。これは「緊急醫師確保対策」という2007年に文部科學省や厚生労働省が行った施策の中の一つ。地域の醫療を充実させる目的で、各自治體が獨自に醫學生向けの奨學金制度を設けています。
面向醫學生的有一種特別貸與獎學金,這其實是文部科學省和厚生勞動省在2007年,實行的一種叫“緊急醫師確保對策”的政策,是為了滿足地區的醫療需求,各個區獨立設置面向醫學生的獎學金制度。

例えば東京都の場合、「東京都地域醫療醫師奨學金」と名付けられた奨學金制度を設けています。大學や募集人數は都が指定しており、2017年(平成29年)度は順天堂大學と杏林大學が各10人、東京慈恵會醫科大學が5人募集となっています。出願資格は、
比如東京就設置有一種叫“東京都地區醫療醫師獎學金”的獎學金制度。給哪些大學,給多少名額都是由當地政府決定的,2017年(平成29年)就是順天堂大學和杏林大學分別招十人,東京慈惠會醫科大學招五人。

●出願時に、次のいずれかの要件を満たす者
●出愿時,滿足以下條件之一才能出愿

?東京都內に住所を有し、かつ高等學校等を卒業した者(卒業見込みを含む)
·東京都內有住所的人且高中畢業的人(包括預畢業)

?都內の高等學校等を卒業した者(卒業見込みを含む)
·東京都內高中畢業的人(包括預畢業)

●各大學が実施する「東京都地域枠入學試験」に合格したとき、當該大學への入學を確約できる者
●通過各個大學實行的“東京都地區當地入學考試”,保證能入學的人。

※合格したときは入學を辭退できません。
※通過以后不能退學。

●醫師免許取得後、小児醫療、周産期醫療、救急醫療、へき地醫療のいずれかの領域で、東京都が指定する醫療機関において9年間(初期臨床研修期間を含む)以上の期間、醫師として従事しようとする意志を有すること。
●愿意在取得醫生執照后,在兒科醫療、周產期醫療、急救醫療、遠程醫療等任一個領域,在由東京都指定的醫療機關,擔任醫師工作9年以上(包含初期臨床研修期間)的人。

となっており、これら全てを満たす場合に出願できます。出願し、採用された場合はそれぞれの大學の6年間の學費と月10萬円の生活費が貸與されます。例えば順天堂大學の場合は6年間の修學費2,080萬円と6年間の生活費720萬円、合計2,800萬円が貸與されます。
出愿被采用的情況下,政府將會貸予各大學六年的學費和每月十萬元的生活費。比如政府貸予順天堂大學六年學費2080萬日元和六年的生活費720萬日元,合計2800萬日元。

東京都特別貸與獎學金的有以下特定條件:また、卒業後に特定の條件を満たした場合に奨學金の返還が免除となるのも特別貸與奨學金の特徴です。東京都の特別貸與奨學金の場合は、
特別貸與獎學金還有一個特點是,畢業后滿足特定條件的情況下可以免除獎學金的返還。

●大學卒業後、2年以內に醫師國家試験に合格すること。
●大學畢業后,兩年以內通過國家醫師資格考試

●醫師國家試験合格後、速やかに醫師免許を取得し、卒業した大學の付屬病院(ただし、都內に所在する病院に限る)で初期臨床研修を開始すること。

●通過國家醫師資格考試后,迅速取得醫師許可證,在所畢業大學的附屬醫院(僅限在東京都內的醫院)開始初期臨床培訓。

●初期臨床研修修了後、引き続き、小児醫療、周産期醫療、救急醫療、へき地醫療のいずれかの領域で、醫師として、東京都が指定する醫療機関に奨學金貸與期間の1.5倍の期間、従事すること。

●初期臨床培訓結束后,繼續在兒科醫療、周產期醫療、急救醫療、遠程醫療等任一領域內,作為醫生在由東京都指定的醫療機關工作獎學金貸與時間的1.5倍時間。

という條件になっています。他の地域の特別貸與奨學金も、指定の醫療機関で一定期間従事することが條件になっていたりするなど、おおむね東京都と同じような條件で奨學金の貸與を行っています。
其他地區的特別獎學金也有在指定醫療機關工作一定年限的要求,一般在和東京都一樣的條件下執行獎學金的貸與政策。

■醫學部進學を考えている場合は大學獨自の奨學金制度の利用も考えよう
■打算去醫學部的人也可以考慮大學本身的獎學金制度

大學によって獨自の奨學金制度を設けている場合も多く見られます。例えば順天堂大學醫學部の場合は「基礎醫學研究者養成奨學金」というものがあり、4年次以降に基礎醫學研究者養成プランを選択した學生に月額10萬円が貸與されます。條件としては、卒業後に貸與期間と同年數以上を本學醫學部で基礎醫學研究者として従事する必要があります。他にも入學試験において成績優秀だった場合に、1年次の授業料や施設設備費が全額免除になる「學費減免制度」も設けています。
每個大學都各自設有自己的獎學金制度,這是很常見的。例如順天堂大學醫學部就有叫“基礎醫學研究者養成獎學金”這樣的獎學金,對于第四年后選擇基礎醫學研究者養成計劃的學生貸與每月十萬日元的費用。與之對應的條件是,畢業以后需作為基礎醫學研究者,在本醫學部工作和貸與年限相同的時間。其他像入學考試成績優秀的情況下,也設立有“學費減免制度”,即第一年的學費和設施設備費全部免除。

他の醫大、また醫學部のある大學も同じように、卒業後に同大學の研究者として従事する、また指定の病院に一定期間従事するなどの條件で奨學金の貸與を行っています。
其他的醫科大學以及有醫學部的學校,也同樣有畢業后在所屬大學作為研究者或者在指定醫院工作一定年限的要求,在此條件下實行獎學金貸與制度。

國立大學の醫學部の場合、學費は6年間で約350萬円ですが、私立はその6倍以上。よっぽど裕福な家庭ならともかく、やはり奨學金は欠かせません。もし將來醫學部で學びたいという人は、こうした奨學金制度があることを知っておくべきでしょう。
國立大學的醫學部六年的學費大約350萬日元,私立大學的學費是其六倍以上。即使是很富裕的家庭,獎學金還是不可或缺的。將來如果想要在醫學部學習的人,應該知道有這樣的獎學金。

本翻譯為滬江日語原創,禁止轉載。

相關推薦:

日本留學省錢必看:留學生可以申請哪些獎學金?

日本留學:國費獎學金申請條件一覽