大學に入ると、どの講義を取るのかは自分で決められるようになります。取得しなければならない単位が決まっていて、「月曜の2限目にあるこれで4単位、あれで2単位……」と自分で時間割を決められる自由があります。ただし、どれでも選んでいいわけではありません。そこには「必修科目」「選択科目」というものがあるんです。というわけで、今回は「履修とは」について解説します。
進入大學,要選擇哪些大學課程要自己決定。必須取得的學分是定了的,「周一2節課4個學分,那2學分……」時間的分配由自己的自由決定。但是,并不是哪一個都可以選擇。因此分「必修科目」「選修科目」 因此,這次關于「完成學業」進行解說。
■「履修」とは「決められた科目を修めること」
■「完成學業」是指「修完規定的科目」
大學に入學すると、まずガイダンスで「履修」について説明を受けますね。履修なんて言葉は高校まではあまり聞かないので、新入生は戸惑うかもしれません。大學において、履修とは「決められた科目を修めること」です。
大學入學后,首先在入學指導下接受有關「完成學業」的說明。完成學業這樣的詞語到高中很少聽到,新生說不定會有些疑惑。在大學里,完成學業是指「學習規定的科目」。
具體的には、決められた期間その科目の講義に出席し、期末試験に合格して「修了」すること(試験がない科目もあります)。修了によって初めて「単位」を得ることができます。単位は科目によって「1単位」「2単位」「4単位」など異なっており、これを加算することで卒業に必要な単位數をクリアするようにします。
具體來說,在規定的時間內參加那個科目的課程,期末考試才能取得合格(修完)(也有沒有考試的科目)。通過學習完可以首次得到「學分」。學分是根據科目「1學分」「2學分」「4學分」等不同,這些合計后就是畢業所需要的學分數 。
先輩の中には「単位が余っているから」なんていって毎日ヒマそうにしている人がいるかもしれません。これは大學に課せられた「卒業までにこれだけ単位を取りなさい」というハードルを、すでに越えて単位を取得している人です。これ以上講義に出て単位を取得する必要がないですから、「あとは卒論だけ」といった余裕のある毎日なのです。
有些前輩說「因為學分有剩余的」每天悠閑的度過這樣的人也有,這是完成大學課程「在畢業前要取的學分」已經跨越了障礙已經取得這個學分的人。有了這些就沒有在課程上點到取得學分的必要了,「接下來就只是畢業論文」寬裕的每一天。
逆に「単位がギリギリだ」なんて先輩がいらっしゃるかもしれません。これは、現在履修している科目の落とすと(つまり期末試験に合格できなかった場合)、卒業するのに必要な単位に屆かないという人です。身から出たサビともいいますが、新入生のみなさんは、そのような狀態にならないように、しっかり単位計算をして履修する科目(講義)を選ぶようにしましょう。
相反的,也有在學分上面很緊張的前輩。這是現在的學習課程的科目不合格的 (期末考試沒能及格的情況),即將要畢業所需要的學分不夠的人。說成自作自受也好,作為從新生的諸位,為了不變成那樣的狀態,好好地取得學分選擇完成課程的上課比較好。
■「必修科目」と「選択科目」
■「必修科目」「選修科目」
履修する科目ですが、これはどの科目でも自由に選択していいわけではありません。科目には「必修科目」と「選択科目」があります。
要完成學習的科目,這并不是任何科目都可以自由選擇,科目分為「必修科目」「選修科目」 。
?必修科目
?必修科目
必ず履修しなければならない科目です
必須完成的科目
?選択科目
?選修科目
いくつかある中から自分で選んで履修する科目です
從很多當中選擇自己要完成的科目
必修科目〇単位、選択科目△単位、と取得しなければならない単位數が決まっていますから、必修科目は必ず履修し、選択科目は自分の興味のあるものを選んで履修し、その単位數をクリアできるようにします。履修科目の組み合わせによっては「火曜日は講義が何もない!」というふうに、平日なのに休日にできるかもしれません。大學生になると時間割は一人一人異なります。これが大學のおもしろいところでもありますね。
必修科目〇學分,選擇科目△學分,必須取得的學分數是定了的,必修課必須完成,選擇科目是選擇自己的感興趣的東西,努力達到學分數。根據學習科目的安排「周二沒有課程安排 」即使是平時也說不定是休息日。成為大學生的話,每個人的時間分配也不一樣。這或許是大學的有趣之處吧。
大學に入學すると、まず履修計畫を立てて自分の時間割を作ることから始めなければなりません。注意しなければならないのは単位數の計算を間違えないことです。これが違っていると後で泣くことになりますから、くれぐれもご用心ください。
大學入學的話,首先必須開始制定學業計劃自己的時間分配,必須注意的是不要計算錯了學分數。這個搞錯了的話后面只有哭了,這不一樣的話以后會哭的,一定要多加注意。

?本翻譯為滬江日語原創,禁止轉載。

相關推薦:

日本留學:每次都和教授打招呼就有可能提高學分?

日本大學生告訴你:學分和好成績那一個比較重要